3月のライオン最新 123話 ネタバレ

3月のライオン最新 123話の「零vs滑川の対局」その2のネタバレです。

月のライオン最新 123話は、2016/06/10発売のヤングアニマルNo.11に掲載されています。

3月のライオン第123話「ぼんぼりの灯る道③」

image

第122話へ戻る/124話へ進む


▼「3月のライオン」今年も夏まつりが近づき・・・

梅雨に入ったのでしょう、急に降り出した雨に急いで洗濯物を取り込んだあかりとヒナタがいました。

image

モモちゃんが熱を出して寝ています。

image

そんなモモちゃんを気遣いながらも、今年の夏まつりの相談をしています。

image

今年は、ひなたの親友のつぐみちゃんが手伝ってくれることになってますが、

image

おそらく洗い場がてんてこ舞いになってしまい、
それじゃあ申し訳ないけれど、

image

かといって、今年も零くんに頼むのはどうなんだろうか?

そう悩んでしまう2人でした。

image

指宿で見た零の姿は、プロ棋士の世界で生きている一人の大人で、
いつもうちでご飯を食べている零くんとは違う人に見えた。

image

そんな零に自分達が好き放題頼んだり甘えてはいけないんじゃないかと考えさせられたが

image

そんな風に遠慮して距離をおくことは零にとって淋しいことで

image

あんな風に真剣に、家を出て行った父と向き合い、

image

自分達の所に飛び込んできてくれた零に対して

image

とても失礼なのだということを。

image

二人はまた今度、零に改めて聞いてみて、
もし予定が大丈夫なら、夏祭りの屋台を手伝ってもらおうと考え直します。

▼「3月のライオン」桐山零五段VS滑川臨也7段の対局

image

零と対局中の滑川

真っ直ぐで素直な手を打ってくる零をとても良いと褒める滑川臨也7段

image

つられて自分も真っすぐ打とうとしていたことに気づき、
改めて自分の将棋を指そうと思っていました。

image

零もまた、滑川7段の手を考えていたところ

image

滑川はトイレに席を立ちます

image

零は、滑川が着ているスーツについて本人が語っていたことを思い出し、
それは絶対嘘だと思っていると・・・

image

襖からこちらの覗き見るようにしている滑川を見て、
思わずビックリして声を上げてしまいました。

image

零は恥ずかしさに顔を赤らめながら、

image

改めて盤面を見たら、
なんでこんな盤面になっているのかと困惑してしまいます。

image

しかし、零は改めて自分は将棋だとムキになることがあって、
売り言葉に買い言葉で今の盤面になっているのだと思っていると・・・

image

こちらを覗き込む滑川の姿が零の顔の間近に!

image

またしても悲鳴を上げてしまって、
周りの対局中の棋士の方々から怒られてしまいました

・・・とさ

次回に続く

もっと詳しく知りたい方は、コミックスでどうぞ!

2016/06/10発売のヤングアニマルNo.11

Sponsord Link

前回に引き続き、後半は対滑川戦の続きが入り、
前半の川本家での、夏祭りの屋台の話は、
滑川さんに部持ってかれてしまった感がありますね。

次回、滑川戦の決着はどうなるのかに関心を引っ張ってくれましたが、
スミスや横溝さんと同様のトラウマにならなければ良いですね。

去年と同様、川本家の屋台を手伝っている零とあかりとひな達とのやり取りも楽しみですね。

第122話へ戻る/124話へ進む