3月のライオン最新 124話 ネタバレ

3月のライオン最新 124話の「零vs滑川の対局」その2のネタバレです。

月のライオン最新 124話は、2016/06/24発売のヤングアニマルNo.12に掲載されています。

3月のライオン第124話「ぼんぼりの灯る道④」

image

第123話へ戻る/125話へ進む

うっとおしい梅雨に入り、モモは熱を出して寝ています。

image

蒸し暑いので、昼はそうめんにしようかとあかりとヒナは話し合います。

モモちゃんは「プリン」と言っているんですが・・・

image

ひなたは2束にしようかどうしようかと悩んでます。

image

なのに、あかりは一袋(=6束)にしようと言い出します。

アツアツのつけ汁で”つけめん”にしようと言われると、なんと”あっさり”同意してしまいました。

いったんは反対したひなですが、食べ物のこととなると、
川本家の人々はどうしてこうなんでしょうか?

image

あかりとヒナは手分けして、あかりは調理を行ない、ヒナは薬味として庭に生えているシソを収穫します。

image

結局、あかりとヒナは、そうめんの冷たさとつけ汁の温かさの冷熱冷熱の無限ループを味わいます。

待って!モモはどうした?

image

そんな中、対局中の零と滑川。

滑川が角を引き・・・

image

滑川のあまりにも必然性が見えない手に、零は悩みに悩みます。

しかし、理由が見えないながらも、相手が引くなら自分は行くとばかりに指し返していました。

image

対局相手の滑川は、その場その場で最善の一手を打ってくる零のことを称賛しながら、だからこそ勝ちたい相手だと思っていました。

image

隣では、そうした零と滑川の対局を自分もまた対局中であるにも関わらず、見ているスミスがいました。

そりゃ滑川も夢中になるわけだと、零の指した手を見て感じていました。

image

そんなスミスは「ま、別に俺は滑川に見てて欲しくなんかないけどねっ」と本心だか強がりだかわからないことを思っていると・・・

なんと!何故か滑川がスミスの方ををめっちゃ見てるじゃないですか。

image

滑川は隣で対局中のスミスの盤面を見て、こちらに笑顔を見せ

「ゴキゲン中飛車ですか、いいですね!」

「ゴキ中には暗い顔は似合いませんよ!」

「どうか・・・ゴキゲンに・・・」

そんな風に喋りかけてきたかのようにスミスは感じ、

「やめてーつつ」

「も、見てくれなくて全然良いです!!」

と顔を隠してしまっていると。

image

隣の盤面なんか気にしてないで、自分の対局に集中しなきゃ、

「目の前の田中さんにも失礼じゃないか!!」

と思い直していたところ。

目の前の田中からも心の声が聞こえて・・・

「指せよスミス」

「お前のゴキ中を見せてくれるんじゃあないのか」

「お前のゴキ中をよぉ」

と催促されながらも

「こっちにはなぁ、隣の席なんかには無いモンがあるんだよ」

「わかるか?スミス!!」

そう語りかけられて、涙を流しながら

「定跡!! 定跡ですね、先輩」と答えていたスミスでした。

(※どちらも実際の音声ではありません)

image

スミスが「定跡サイコーッ!」と叫びながら
先人の研究に感謝を捧げていたその頃・・・

image

その同じ頃、

案の定!川本家では熱に苦しむモモ同様に食べ過ぎて苦み、転がっているあかりとヒナの姿がありました。

次号「ヤングアニマルNo.13」に続く


今回の号は全体として、相変わらずの川本姉妹のおかげで”ほんわか”としていましたね。

対局の場面でもそれほどの緊張感は感じられませんでしたが、やはり「対局」では「群像としての棋士」の生き様を描くのに重要な場面に違いはありません。

それぞれの棋士の性格や特徴が細かく描かれていますが、将棋を知らない人が読んでも伝わるものがあります。

羽海野チカ先生の「3月のライオン」は、「将棋なんてわかんないし」と喰わず嫌いしないで、是非読んで頂きたい作品であることは間違いないです。

さて、次号「ヤングアニマルNo.13」には「3月のライオン」の連載はあるのでしょうか?そこだけが気がかりなこの頃です。


第123話へ戻る/125話へ進む

3月のライオン最新 123話 ネタバレ

3月のライオン最新 123話の「零vs滑川の対局」その2のネタバレです。

月のライオン最新 123話は、2016/06/10発売のヤングアニマルNo.11に掲載されています。

3月のライオン第123話「ぼんぼりの灯る道③」

image

第122話へ戻る/124話へ進む


▼「3月のライオン」今年も夏まつりが近づき・・・

梅雨に入ったのでしょう、急に降り出した雨に急いで洗濯物を取り込んだあかりとヒナタがいました。

image

モモちゃんが熱を出して寝ています。

image

そんなモモちゃんを気遣いながらも、今年の夏まつりの相談をしています。

image

今年は、ひなたの親友のつぐみちゃんが手伝ってくれることになってますが、

image

おそらく洗い場がてんてこ舞いになってしまい、
それじゃあ申し訳ないけれど、

image

かといって、今年も零くんに頼むのはどうなんだろうか?

そう悩んでしまう2人でした。

image

指宿で見た零の姿は、プロ棋士の世界で生きている一人の大人で、
いつもうちでご飯を食べている零くんとは違う人に見えた。

image

そんな零に自分達が好き放題頼んだり甘えてはいけないんじゃないかと考えさせられたが

image

そんな風に遠慮して距離をおくことは零にとって淋しいことで

image

あんな風に真剣に、家を出て行った父と向き合い、

image

自分達の所に飛び込んできてくれた零に対して

image

とても失礼なのだということを。

image

二人はまた今度、零に改めて聞いてみて、
もし予定が大丈夫なら、夏祭りの屋台を手伝ってもらおうと考え直します。

▼「3月のライオン」桐山零五段VS滑川臨也7段の対局

image

零と対局中の滑川

真っ直ぐで素直な手を打ってくる零をとても良いと褒める滑川臨也7段

image

つられて自分も真っすぐ打とうとしていたことに気づき、
改めて自分の将棋を指そうと思っていました。

image

零もまた、滑川7段の手を考えていたところ

image

滑川はトイレに席を立ちます

image

零は、滑川が着ているスーツについて本人が語っていたことを思い出し、
それは絶対嘘だと思っていると・・・

image

襖からこちらの覗き見るようにしている滑川を見て、
思わずビックリして声を上げてしまいました。

image

零は恥ずかしさに顔を赤らめながら、

image

改めて盤面を見たら、
なんでこんな盤面になっているのかと困惑してしまいます。

image

しかし、零は改めて自分は将棋だとムキになることがあって、
売り言葉に買い言葉で今の盤面になっているのだと思っていると・・・

image

こちらを覗き込む滑川の姿が零の顔の間近に!

image

またしても悲鳴を上げてしまって、
周りの対局中の棋士の方々から怒られてしまいました

・・・とさ

次回に続く

もっと詳しく知りたい方は、コミックスでどうぞ!

2016/06/10発売のヤングアニマルNo.11

Sponsord Link

前回に引き続き、後半は対滑川戦の続きが入り、
前半の川本家での、夏祭りの屋台の話は、
滑川さんに部持ってかれてしまった感がありますね。

次回、滑川戦の決着はどうなるのかに関心を引っ張ってくれましたが、
スミスや横溝さんと同様のトラウマにならなければ良いですね。

去年と同様、川本家の屋台を手伝っている零とあかりとひな達とのやり取りも楽しみですね。

第122話へ戻る/124話へ進む

3月のライオン ネタバレ 122話(画像)

今回は、「3月のライオン」ネタバレ 122話「ぼんぼりの灯る道②」(画像あり)をお送りします。

「3月のライオン」の第122話は、2016/05/13発売のヤングアニマルの09号に掲載されています。

 

image

第122話は、「ぼんぼりの灯る道②」

表紙はビールのジョッキを持って、蓮の花の上を飛んでいる
スミスと横溝の2人。

と、かなりシュール・・・

第121話へ進む/第120話へ戻る

▼「3月のライオン」122話ネタバレ

122話「ぼんぼりの灯る道②」

image

中将棋会館へと向かうスミスと横溝の2人は、
あまりの暑さに溶けそうでした。

千駄ヶ谷で行なわれるB級2組順位戦第2局に向けて
炎天下の中を歩いていたのです。

 

image

image

なんと二人はまだ朝だというのに、
終わったらビアホールに行き飲もうと考えています。

その際には零も誘って、
なんとかあかりの近況を聞き出そうと考えていました。

 

image

そんなことを話していると、
突然太陽を雲が覆い隠し始めます。

不気味だけど愛すべき滑川登場!

【90話】に登場した「死神と呼ばれた男」滑川臨也七段

image

ぽっぽっぽー♪という歌が聞こえるのでそちらを見ると・・・

今日の零の対戦相手の滑川が、
集まったカラスにエサをやっているじゃないですか!

ハトじゃないところが、なんとも不気味~

 

image
その光景を見た二人は、
さっきまでの空気が凍りついた様に無表情になってしまい、
近くの鳩森神社へ参りに寄るとこにします。

その気も解かりますよ~(くわばら__

 

image

今日の零の対戦相手が滑川では、
おそらく対局時間も長引くだろうなと判断します。

そして今夜は零を誘わないで二人でビアホールに行くことに決めますが、・・・
空模様は一転してカミナリの音と共に雨が降り出していましたとさ_

 

image


零が隣で対局するスミスと挨拶して話しているとそこに・・・
滑川が姿を見せ初対面の挨拶もそこそこ、対局が始まります。

 

image

零は滑川臨也七段との対局に備え、かなり研究をしていました。

そして、その8割が振り飛車であることも分かっていました。

image

ところが!実際に滑川七段が打ってきた手は、
いきなりの角交換からの「筋違い角」
だったのです!

※(角を初期配置の筋と別の筋に打ったり、
角交換後の角を活用する時に、筋違いの位置に打つ戦法などを指します。)

さあどうする?零

 

image

今までに筋違い角の棋譜は見たことがあったものの、
読みは見事にハズレてしまいました。

零が顔を上げると、そこにはじっとこちらの表情をみつめる
滑川の顔がありました。

ブルブルっ!(寒っ

 

image

零は以前に、横溝からその行為は話に聞いていたので、
気持ちを落ち着ける為に席を立ち、誰も居ない廊下に向かいます。

そう、落ち着け!零っ

 

image

スミスは、今まさに滑川と対戦している零の気持ちはどんなだろうかと、考えています。

「_もし忘れられないような負け方をしたとしたら、
お前の記憶にも傷がつくのか?」
と・・・

 

image

廊下でじっと雨の音を聞いたことで、零に何かしらの心境変化があったのでしょうか?

そのまま対局に戻って、すました顔で「相筋違い角」の手を打ったのでした。

image

 零のすました顔を見たスミスは腹を立てて、
「負けて苦手意識とか植えつけられちゃえ」と思うのでしたが・・・

image

_思いながらもそこから見事立ち直って、そのノウハウを自分と横溝に伝授してほしいと、心の中で叫んでいたのでした。

 ここで【次回につづく】となりました。

 

「3月のライオン の第122話」より詳しく知りたい方は
コミックスでどうぞ!

ヤングアニマルNo.9(2016年)に掲載

※立読みもできますよ

 ▼「3月のライオン」122話「ぼんぼりの灯る道②」感想

今回もまた、”愛すべき不気味キャラ”の滑川さんで、
なり笑わせてくれましたね。

「ぽっぽっぽ~ハトぽっぽ~・・・」と口ずさんでいる
滑川さんの周りにいるのが、鳩じゃなくってカラスっていうのが、
不気味オーラ全開でした。

筆者はコーヒー飲みながら読んでたんですが、
思わず吹いててしまいました。(笑

どーしてくれるんだよ~

 

それにしても滑川七段が登場すると、天気まで崩れてしまうなんて
どこまで不吉感を漂わせているんでしょうか。

滑川さんを見つけてしまった、スミスと横溝さん

前回の対戦では、相当に苦手意識を植え付けられてしまった様です。

このくだりは、「3月のライオン」9巻【90話】「死神と呼ばれた男」に掲載されています。


今回も笑わせてもらいましたね。

 

とりあえず零は滑川に正面から顔を覗き込まれて大丈夫そうな感じでしたね。

顔を覗き込むこと自体は特に反則ではないでしょうけれど、

なんとかして耐性を付けておかないと、滑川七段と対局するたびに冷静でいられなくなり、負けてしまうパターンに陥ってしまいます。

そうなれば、落とすことの出来ない対局においては致命的ですよね。

 

読者としては、滑川さんと絡んで狼狽するスミスと横溝さんは面白 く、こうした笑いの回は、また見たいと思います(笑

 

滑川7段の「筋違い角」に真っ向勝負を挑んでいった零ですが、
次回どう展開していくんでしょう?

どういう結果が待っているのか楽しみですね。

 

ちなみに次週掲載に関しては、次号予告に載ってませんでした。

2016/05/27発売のヤングアニマル10号の「3月のライオン」は、
おそらく休載になるんじゃないかと思われますが、どうなんでしょうか?

「3月のライオン~灼熱の時代~」は掲載されるので、ひとまずそちらを楽しんでおくとして、羽海野先生の復調を願ってやみません。

 

第121話へ進む/第120話へ戻る